スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めてガンを宣告された時の記憶

昨日は、はじめてガンを宣告された病院(肛門クリニック)に

用事があって、ガン宣告から7年半ぐらいぶりに行ってきました。

あれからずっとこの病院に行くこともなかったので

久々に通る道すがら、

だんだんとガンを宣告された時の記憶が甦って来たのです。

     


あの時は、ずっと体調が不調で、特に下半身がものすごくだるかったのです。

血便もありました。

それでもまったく痛みは無かったので、

特に病気だとは思わず

痔だとばかり思い込んでいました。

痔だったら、病院に行くのは嫌なので

座薬で治療すればいいと思ってました。

実家の母に話していたため、

母が心配して、「とにかく医者に行ってくれ」と懇願されてしまいました。

それで、家からあんまり近くなく(病院で知り合いに会いたくなかったのです)、

信頼出来そうな肛門科のお医者さんをネットで必死に捜しました。

それで、その感じの良い肛門クリニックに行ってみると、

診察するなり

「これは、痔ではありません。腫瘍です。

それもかなり大きい。すぐに大腸内視鏡で確認しましょう。」と言われました。

なんだかちゃんと理解出来ないまま、

大腸内視鏡を行って、

画像で、はっきりと大きな腫瘍をみせられ、

やっと「ああ、ガンなんだ」と理解しました。

ガンということで、市大付属病院を紹介されて、

本当にそこの肛門クリニックとはたった1日のご縁でした。

でも本当にいい先生でした。

大腸内視鏡も、ものすごくうまくてまったく苦痛がなかったです

(あとで、いろんな先生の内視鏡を経験して「一番うまかったな」と分かりました)

紹介する先生も凄く親身になって考えて下さり、

「この先生なら腕もいいし信頼出来るよ」と

今の担当医の先生を紹介して下さいました。

私にとっては運命のご縁でした。




病院からの帰り道

駅まで続く上り坂の道を歩いていると、

駅のそばにある観覧車が大きく見えました。

でも、あのガンを宣告された日に、この観覧車を見た記憶がないのです。

あの日の帰り道は、

「私はガンなんだ」「私はガンなんだ」「私はガンなんだ」・・・

頭のなかでその言葉だけがぐるぐる回っていました。

悲壮感とかはありませんでした、ただ、

現実が受け止められなくて、呆然としていた様に思います。

きっと、下を向いて歩いていたので、観覧車が目に入らなかったのでしょう。

7年半ぶりに同じ道を歩いて

元気でいることをとても嬉しくありがたく感じました。

いろいろな人のおかげで

生かしていただいているのだと幸せを感じます。



昨日は、あの運命の一日の記憶が、

怒濤のように押し寄せて来た不思議な一日でした。

     バラ
     寒いこの季節に、頑張ってベランダで花を咲かせたバラです。生命力が強い!!




ランキングに参加しています!
 「今日も読んだよ」のしるしとしてこちら↓↓のクリックをお願いします。
                  にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんだかじーーーんとしちゃいました。
私の担当してくださった婦人科の先生も
最初の嚢種の手術、長女の出産、今回の嚢種の手術と
ずっと同じ先生です。
本当にすがる気持ちでいつもお願いしていますが
先生は朝飯前!みたいな感じであっさりと施術してくださいます。
あの先生がいてくださるからこそ
次に再発しても(嚢種は再発多いので)きっと大丈夫と思えています。

大久保知美♪様

そうなんですよね、いい先生との出会いって大事ですよね。
この肛門科のY先生とは1日の出会いだけだったのですが、
Y先生が今の担当の消化器外科のI先生を紹介して下さって、
I先生の腕が良かったので、人工肛門にならずにすんだのです。

I先生に診てもらうことはなかなか難しく、
同じ病院でもほとんどの人が人工肛門でした。
I先生がY先生とお知り合いだったので、
その紹介だったから
受けていただけた様です。

そして、I先生が先端医療の重粒子線治療のことを
昔研修に行ったことがあって、
今の担当のM先生を知っていたので
重粒子線治療を紹介して下さって受けることが出来たのです。

Y先生→I先生→M先生この3先生とのご縁で
私の今があるあるわけです。
この先生方に出会ってなければ
今、生きていられなかったと思ってます。

医療って皆、平等にある様ですが、
いい先生との出会いが本当に大事だと思っています。
知美さんもいい先生と出会えてよかったですね。
先生がいてくださるから、再発しても大丈夫と思えるって
凄いことですよ!!
それにしても、今回の手術、ほんとにうまく行ってよかったですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

ravensara

Author:ravensara
クロスステッチ大好き!
病気療養中ですが、一見みたところ病気なんて思えないほど元気です。
オリジナルの作品をステッチして行く予定です。
・第82〜84回新構造展入選
・第62〜64中央美術協会展 入選会友推挙
 神奈川支部展
  長谷川商事賞受賞
・第38回太陽美術展入選
  会友推挙
 第39回太陽美術展入選
  会友優賞受賞
   会員推挙
・第46・47回創作手工芸展入選
  普通科・高等科資格合格
・第39回ima展入選
  会友推挙
(各展とも東京都美術館)
・フランス、パリ開催アンデパンダン展に選抜され展示
 2014.11/25-11/30

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。