スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みすや針さんに行ってきました

ケガへのご心配をどうもありがとうございましたo(_ _)o

ケガは痛いのですが、右足親指なので、なんとか生活できてます。




ケガをしている為に、

今開催中のクロスの会「クロスステッチ刺繍作品展」には顔を出すことが出来ず、

来て下さった方とお会いすることが出来ません。

本当に申し訳ありません。




京都花見旅行記の続きです。

京都では

絶対に「みすや針」さんに行きたかったんです。

住所から、河原町三條へ行ったのですが、

あたりを散策しても全然分かりませんでした。



そこで、荷物を降ろしていたトラックを見てひらめきました。

花屋さんのトラックだったんです。

花屋さんなら、いろんなお店を知っているだろうと、

花屋さんにとびこみ「みすや針さんって、ご存知ですか?」って尋ねました。

即答で分かりました!!




商店街のアーケードの中にありました。

      IMG_1232_convert_20140406202302.jpg

先に進むと

      IMG_1233_convert_20140406201800.jpg

      IMG_1234_convert_20140406201845.jpg

中は開けた可愛いお庭になっていて、奥にお店がありました。

     IMG_1235_convert_20140406202117.jpg

お庭の桜も綺麗でした。



そして、お店の中も可愛いのです。

まずはクロスステッチ針1寸、2寸を買って、

待ち針と、それらを入れる裁縫箱の木箱

     DSC02757_convert_20140406201305.jpg

あと、針控え(?、名前が分かりません)

     DSC02746_convert_20140406201631.jpg

     DSC02749_convert_20140406201532.jpg


それに、可愛い、ものすごく可愛い待ち針

     DSC02750_convert_20140406201456.jpg

全部、色違いのバラの花です。可愛〜い♡

可愛い色のものがいっぱいあって、決めるのがたいへんでした。

1人の方が作っていらっしゃるそうです。

可愛い動物の待ち針もありました。

通販でも扱っているけれど、

通販のものは、かなり頑丈に作ってもらっているのだそうです。

ちょっと前まではお雛様があったそうです。(欲しかった〜)



そして、バラの待ち針に合わせて、

植木鉢のピンクッションも買いました

         DSC02753_convert_20140406201403.jpg
    
ちなみに写真に刺してあるのは、みすや針さんのものではありません。





  ランキングに参加しています!
 「今日も読んだよ」のしるしとしてこちら↓↓のクリックをお願いします。Please click it.
                  にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ravensara

Author:ravensara
クロスステッチ大好き!
病気療養中ですが、一見みたところ病気なんて思えないほど元気です。
オリジナルの作品をステッチして行く予定です。
・第82〜84回新構造展入選
・第62〜64中央美術協会展 入選会友推挙
 神奈川支部展
  長谷川商事賞受賞
・第38回太陽美術展入選
  会友推挙
 第39回太陽美術展入選
  会友優賞受賞
   会員推挙
・第46・47回創作手工芸展入選
  普通科・高等科資格合格
・第39回ima展入選
  会友推挙
(各展とも東京都美術館)
・フランス、パリ開催アンデパンダン展に選抜され展示
 2014.11/25-11/30

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。