スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急車に乗ちゃいましたΣ(=°ω°=;)

1週間半ほど前に、かかりつけのお医者さんに行ったのですが、

待合室で、そこに、ものすごく咳き込んでるのに、マスクをしいてない小学生がいたのです。

その母親はしっかりとマスクしてました。



うつりそうでやだなとおもっていたら、2日後の朝、

声が出ないのです。

かすれ声がやっとで、

1時間ほどしたらやっともとに戻りきりました。

そおしたら、今度は、だんだんと、熱がでだして、36.6→37.7→38.3→39.8度

2日間続きました、明日も同じかも、知れません

決めました。

夜11時半、救急車を呼びました。

救急隊の方々3人は、テキパキっと優しく接してくださって、

病院まで、いえ、病院のドクターの病室まで連れて行ってくださいました。

救急のときは、軽めでもタクシーではなく、救急車をつかいなさいといわれてたので、

今回、救急車を呼んで本当に良かったと思います。

以前タクシーで病院に駆け込んだときはとてもつらかったので、雲泥の差です。


救急隊のおじさん、本当に優しくしてくれてありがとうございます。


今の、段階は37、7度で、食事もとれます。






 ランキングに参加しています!
 「今日も読んだよ」のしるしとしてこちら↓↓のクリックをお願いします。Please click it.
                  にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ravensaraさん

大丈夫ですか?
ステッチも間に合わず・・残念でしたね~
でも綺麗にできてます・・
体調を戻して できるまではご自愛くださいね
咳してる人こそ・・マスクしてほしいものです
これからの季節は バックにマスク常備は必須です!!!

実は・・
旦那の兄が消防士だったり
以前住んでいたアパートにも 消防の方多くいて
よく、聞く話は
救急車は病院直行のタクシーじゃない!!!
ホントに必要な人のところに向かえず
何でも呼ぶのは困る。。という言葉でした
なので、子供が
2階から落ちた時も
飛び出して起こした交通事故の時
夜、花火の後 はしゃいでいて転んで頭を打った時も
(あら、結構思い出せばあるわね~(;^_^A まだまだあったけど・・)
意識確認をして 自力で病院へ行きました
周りの方々は すぐに救急車~!!!!と、騒ぎしますが
確かに 命に関わるモノは別として
むやみに呼ぶものじゃない・・と言う認識なので
『大丈夫ですから 呼ばないでください!! 』と、言います
でも年を取ると・・今は呼ばないと思う場面でも
もしかすると呼ぶのかもしれないな~と
思うようになっていますが
でもな。。。という気持ちもあったり(;^_^A

たしかに、同じような症状でも・・
タクシーで向かうのと 救急車で向かうのとでは
病院側の対応が違いますよね
なので、そういう時で 意識があるときは
救急のある病院に連絡して確認を取るのも手だったりしますよ( ^ー゜)b
長々失礼しました

ゆっくり休んでご自愛ください
お大事に。。。(* ̄∇ ̄)ノ


sidetitleプロフィールsidetitle

ravensara

Author:ravensara
クロスステッチ大好き!
病気療養中ですが、一見みたところ病気なんて思えないほど元気です。
オリジナルの作品をステッチして行く予定です。
・第82〜84回新構造展入選
・第62〜64中央美術協会展 入選会友推挙
 神奈川支部展
  長谷川商事賞受賞
・第38回太陽美術展入選
  会友推挙
 第39回太陽美術展入選
  会友優賞受賞
   会員推挙
・第46・47回創作手工芸展入選
  普通科・高等科資格合格
・第39回ima展入選
  会友推挙
(各展とも東京都美術館)
・フランス、パリ開催アンデパンダン展に選抜され展示
 2014.11/25-11/30

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。