スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花瓶と花-ぼちぼちと

昨日は東京、恵比寿の山種美術館

夫と速水御舟の「炎舞」を見に行ってきました。

     炎舞
      山種美術館のHPから
      写真をお借りしました。

前から、本物を見たいと思っていたのですが、

ちょうど、山種美術館で新美術館開館記念特別展として

展示させているのです。

実物はやっぱり感動でした!

作品の前でしばらく固まってました。




帰って来てから、夜、ステッチをしたので

あまり進んでません。

  花瓶と花-1122

今度は花瓶の方に進んでます

花瓶の腹の模様の部分です。

 
ランキングに参加しています!
    宜しければ、↓↓ぽちっ!よろしくお願いします~。
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
夜のステッチは静かで良いのですが、やっぱり昼の方が捗りますよね?
私はまだ色の濃い布にあまり刺したことが無いのですが、
↓こんな道具があるんですね。びっくりしました。
白い布より、ステッチが目立ちそうで、緊張しますね。

April様

いらっしゃいませ!

私はステッチは夜の方が多いのですが、
確かに昼の方が捗りますね。

下の道具は、道具というかおもちゃみたいにして
売っていたので、使えるかどうか危ぶんでたのですが、
意外に優れものでした。

黒地は確かに、白地よりステッチがめだちますね。
緊張します。
アイーダの刺し穴が見つかり難くて
挿し目がきれいにでないと
ちょっとがっかりです。

No title

渦巻く炎の表現がすごい迫力ですね。
蛾は炎の明るさに引き寄せられたんでしょうか。
燃えちゃいそう(+_+;)

ステッチ、色替えが細かいですね!
大変な分、とても美しい作品になると思うので、
がんばってくださいね(^ ^)

Yupon様

実物の絵は、日本画なのに凄い迫力で、
炎の燃え上がるゴーっと言う音や
蛾の羽のもえる音まで聞こえるようで
鳥肌が立ちました。

今度の作品は色替えがかなり激しいです。
目も細かくて難物です。
なんとかがんばっていきますので
お楽しみに!

No title

この炎は、絵なのですか?
すごいですね。
実際の炎のよう・・

黒の下地は、使いがってが
今までとは違いますか?

私事ですが
これから2月くらいまで、追い込みの仕事もあって
いままでのように、お邪魔できなくなりそうです。
不定期更新と不定期訪問になりそうですが
合間を見て、お邪魔できればと思っています。
これからも宜しくお願いします(^^)

ちびデビル様

「炎舞」は重要文化財です。
日本画なのに見ていると、動的で炎の熱を感じたり
燃え盛る音や蛾の羽の焼ける音が聞こえるようです。
ものすごく感動しました。
機会があったら一度本物をご覧になる事をお勧めします。

黒地はとてもステッチしにくいです。
刺す目が見難いですね。
だからステッチもゆっくりとしたペースになってしまいます

これから、お忙しくなるとのこと、
どうかお体に気をつけて下さいね。
いつでも、待ってますv-238
sidetitleプロフィールsidetitle

ravensara

Author:ravensara
クロスステッチ大好き!
病気療養中ですが、一見みたところ病気なんて思えないほど元気です。
オリジナルの作品をステッチして行く予定です。
・第82〜84回新構造展入選
・第62〜64中央美術協会展 入選会友推挙
 神奈川支部展
  長谷川商事賞受賞
・第38回太陽美術展入選
  会友推挙
 第39回太陽美術展入選
  会友優賞受賞
   会員推挙
・第46・47回創作手工芸展入選
  普通科・高等科資格合格
・第39回ima展入選
  会友推挙
(各展とも東京都美術館)
・フランス、パリ開催アンデパンダン展に選抜され展示
 2014.11/25-11/30

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。