スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花丸(32)ピンクの桜

足りなかった緑の糸を買って、

穴あきの藤の花の葉っぱを完成させました。

そして、桜の続き、ピンクの桜が1輪増えました。

一昨日が

  花丸0729

昨日が

  花丸0730

桜はあとまだ3輪でてきます。



昨日、ブログで書いた公募展応募の審査の結果が送られてきました。

落選です。

美術展の公募に応募して、

美術展で展示してほしかったのです。

クロスステッチという分野がある事を多くの人にわかってほしかったのです。



工芸としてクロス刺繍が認められなかったのか・・・。

いえ、まだちゃんとクロス刺繍を習って1年8ヶ月しか経ってない

私の作品が稚拙、美術的に未成熟だったのですね。

まだまだ精進しなければダメですね。

今回は、審査してもらえただけでも、一歩進みました。

諦めません。

勉強して、美術的に見られるオリジナル作品を作っていかなければと

あらためて決心しました。



ランキングに参加しています!
    宜しければ、↓↓応援のぽちっ!よろしくお願いします~。
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

工芸展のお話 ラベンサラさんの記事を読んで
改めて刺繍ってどうなんだろう?って思いました

Wikipediaで『工芸』を調べてみると
実用品に芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさを融合させた工作物のこと。多くは、緻密な手作業によって製作される手工業品である。あくまでも実用性を重視しており、鑑賞目的の芸術作品とは異なる…云々とありました

日本刺繍なんかだと着物や帯に施してあったりするので工芸扱い?
クロスステッチ刺繍だと どちらかというと絵画に近いものがあるのかな~と…
あくまで 工芸=実用品 なんて勝手に解釈したりしてしまいました (ーー;)
ラベンサラさんの作品が稚拙、美術的に未成熟だなんてことはないと思います!!
なんだか長々と書き連ねてしまってすみません! (>_<)

m@yu様

工芸という広い範囲のとらえ方も、その美術展によって
それぞれ違うようです。
入選した作品の中には、全く実用性のない
陶芸の作品が入ってたりしますし、
日本刺繍でも落選していたりもします。
審査の基準は審査員の方しかわかりませんね。

落選作品でも本当に凄い物が沢山ありました。
実用的で美術的価値が高いからいいのか、
誰が見ても綺麗な物がいいのか、
判断はつきませんね。

m@yuさんの励ましはありがたく心にしみます (〃'∇'〃)。
堅苦しく考えずに、これからも
楽しくステッチして、気軽に応募していくつもりです。
少しでもクロスステッチのことを広めたいなと
思ってますので。
sidetitleプロフィールsidetitle

ravensara

Author:ravensara
クロスステッチ大好き!
病気療養中ですが、一見みたところ病気なんて思えないほど元気です。
オリジナルの作品をステッチして行く予定です。
・第82〜84回新構造展入選
・第62〜64中央美術協会展 入選会友推挙
 神奈川支部展
  長谷川商事賞受賞
・第38回太陽美術展入選
  会友推挙
 第39回太陽美術展入選
  会友優賞受賞
   会員推挙
・第46・47回創作手工芸展入選
  普通科・高等科資格合格
・第39回ima展入選
  会友推挙
(各展とも東京都美術館)
・フランス、パリ開催アンデパンダン展に選抜され展示
 2014.11/25-11/30

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。